ディープ ラーニングをするためのGPUを購入する場合、どうしても予算が限られてしまいます。
よほど大金持ちならばともかく、予算に限りなく機材にお金を注ぎ込める人は少ないでしょう。
確かに、性能を求めるのであれば少しでも高い金額のものを買い求めるのが最短距離だと言えます。
しかし、それはあまりにも現実的ではありません。
自分の求める性能と予算のバランスを考えることで最適なGPUを購入することが出来るのです。

コストパフォーマンスの面で選ぶのならば世代の若さに囚われないということが大切です。
発売から3年以上経ったものとはスマートフォンでも次世代のものと比べて性能が落ちます。
それと同様にGPUの場合でもパフォーマンス面で勝負出来ないことが多いです。
しかし、それは1枚あたりでのスペックを考えた場合です。
運用を2枚使いにしたときにどのようなパフォーマンスを目指せるか考えたとき、それと同等かそれ以上の性能を引き出すことが出来ます。

GPUは発売してから年数が経つごとに大幅な割引がされます。
そのため、たとえそのモデルを2枚買ったとしてもそれほど大した出費にならないことが多いのです。
そのため、最新ハイエンドGPUを購入するよりも旧世代のものを2枚運用した方がコストパフォーマンスに優れているというケースがあるのです。
このような方法を使えば、自分の求めている性能を予算内で獲得することが可能になります。