眼瞼下垂の手術と聞くと、垂れたまぶたを切開して余分な皮を切り取り、筋肉をまぶたに縫い付けてと想像しがちですが、そうでない眼瞼下垂手術もあるんです。軽度の場合や、まぶたの垂れ下がり度によっては、糸で縫い合わせて治療する場合もあるんだそうです。もっと軽度な場合では目薬で眼瞼下垂治療する事も出来るとの事なのでなんだか安心しました。日頃から眼を酷使している人や目を触る癖がある人などは、眼瞼下垂予備軍ですので注意したいものです。とはいえ、歳を重ねるごとに体中の筋力は衰えてきますし、どこもかしこも垂れ下がってきますので眼瞼下垂になったとしてもなんら不思議はありません。しりあいの老人でもこの人眼瞼下垂なんじゃないかなと思う人もいます。