今は都会でマンション暮らしをしている人が増えてきました。
それはただ都会で仕事がしやすいという理由だけでなく、田舎や地方ならではの束縛された地域内での暮らしから逃げたい、自由になりたいという人が増えてきたからでもあります。
その代わり、人と人とのつながりが薄れていき、孤独を感じることも増えてきたのでしょう。
そんなマンションで、コミュニティを大事にしようという動きが最近活発になってきています。
例えば共有部分を増やし、入居者たちが自由に交流できる空間を作っているところも増えてきました。
温泉スパやラウンジ、図書館、卓球場、キッズスペースなどもコミュニティの1つです。
特に都会に引っ越してきて、小さな子供と平日の昼間、部屋の中で生活する主婦や女性の方は、こういうコミュニティの場所があれば、簡単に入居者と知り合いになれますし、情報交換もすることができます。
子供同士で友達もできやすくなるでしょう。
こういった交流の場は、マンションによって様々で、たとえば定期的に集会を作って、交流の場を広げたり、新たにアイデアを募集したりするところもあります。
それぞれの生活を最優先にしつつ、同じ屋根の下に住む入居者同士、意見交換をすることは、現代社会で失われつつある絆が深まる、とても有意義なことです。