事業資金の調達は企業にとって悩みのタネでしょう。
日々の運転資金、そして事業を拡大するための資金、会社を維持するためにも大きくするためにも、事業資金の調達が必要です。
特に、会社が大きくなる時は、どれだけ資金を調達できるかがネックとなってきます。
もし、銀行や金融会社に断られてしまったのなら、ファクタリングを利用されてみてはいかがでしょうか。
ファクタリングは、リスクがほとんどない事業資金の調達方法として注目されています。
銀行や金融会社から事業資金を調達する場合、審査を受けることになるのは自社です。
これまであまり実績がなく、規模も小さな会社が、それほど高く評価されることはないでしょう。
ところが、ファクタリングの場合、審査を受けるのは取引先のほうです。
取引先が、長く事業を行い、規模も大きな会社であれば、自社がどれほど小規模で新しい会社であったとしても、問題なく資金調達することができます。
売掛金の譲渡承諾が必要になりますが、リスクを冒すことなく資金調達できます。
これは、借入ではなく売買契約ですから、契約したとしても返済義務が発生することはありません。
借入を増やすことなく資金調達することができるため、経営状態を改善することもできます。
会社経営者にとって、これほど魅力的な事業資金の調達方法はないでしょう。