住宅を建築する時などは不動産担保ローンを組む人が多いと思います。
不動産担保ローンとは、その名のとおり不動産を担保にして資金を借りるためにローンを組むというもの。
住宅建築は何千万という大きな買い物です。
それを現金一括で支払いが出来る人はほとんどいません。
また逆に、ローンを組んだほうが住宅ローン減税などの減税を受けられる為、一種の節税対策にもなります。
ただ、ローンも借金には変わりがありません。
ローンを組んで借りた資金を返済出来なければ、担保に入れた不動産を差押えら競売にかけて売却されてしまいます。
従って、不動産担保ローンを組むときに注意しなければいけないのは無理なローン金額で組まないこと。
返済出来る金額で組むことです。
現在の収入を元にローンを組むとは思いますが、それとは別にローン返済のための資金をある程度貯蓄しておくかローン返済を少なくするために先に出来るだけ多くの金額で支払っておくがどちらかにしたほうが安全だと思います。
実際夢のマイホームをローンで購入したけれど、結局手放すことになった、という事例はここ何年か増えています。
せっかく手に入れたマイホームであれば出来れば手放したくありません。
不動産担保ローンを組むときは、十分に金額を検討してください。http://www.cemcorporation.jp/ 
宅建(宅地建物取引主任者)講座|資格スクール 大栄(DAIEI)