非常持ち出し袋はもちろん非常の災害が起こった時に必要最低限のものを
入れておくものです。
しかし阪神大震災や東日本大震災などを経てきて、
これだけ大きな地震や津波を経験している国土であるのに、
非常用持ち出し袋の普及はまだまだ高いものではないとのことです。
非常用持ち出し袋は地震や台風、大津波などの自然災害に備えて、
避難する時と、避難した後に、自分と家族の命をつなげる、サバイバルグッズです。
最低三日は政府などの救出の手立てが届くまでかかるといわれています。
その3日間を生き残るための
水、食料、防寒具、懐中電灯、携帯用充電池、連絡メモなどなど…挙げていけば
きりがありませんが中身を話し合って決めておくことです。
そして家族でいつでもわかるような場所に配置しておきましょう。