現在、携帯電話の新機種の多くがスマートフォンになっています。
スマートフォンには、Android携帯やiPhoneがありますが、世界の利用台数はAndroidの方が多くなっています。
Android携帯電話なら、NTTドコモでもauでもソフトバンクでもキャリアを超えて同じアプリを動かせるんです。
つまり1つのアプリをたくさんの人が使う時代になったということです。
このAndroid携帯で動くアプリを自分で作ってみたいと思いませんか?
Java言語の基礎知識があれば、あとはわかりやすいWEBデザイン 講座を受講するだけでOKです。
Android独特の開発環境さえマスターすれば、アプリの作成方法はそれほど難しくありません。
WEBデザイン 講座で学んで、あなたが作った独自のスマートフォンアプリをみんなが使っているのを想像するだけでワクワクしてきますね。